突然ですが・・・・・。
タイトルの都心から一番近い森のまちって、どこだかおわかりになりますか。


ヒントその1
イメージ
「電気」に関する専門店がものすごく集まっています。恐らく日本一(?)


ヒントその2
79676c7d8f05ccf515020697f8e2592d_s
日本発のコンテンツの代表格も集まっています。観光ガイドブックにも欠かせない存在です。


『都心』とは・・・・・
53d458571163fabcb3f56c8ab8c66f1a_s
そうです「秋葉原」!


それでは、『一番近い森のまち』とは?
ヒントその3
b727a414cc000ffe4ed883223eeef80a_s

ed34122e9da736dc65b071558eedb10f_s
さあ、つくばエクスプレスに乗りました。『森のまち』まではスグです。


ヒントその4
ここで都心から一番近い森のまちの命名者のホームページを覗いてみましょう。
『母になるなら、〇〇市』というキャッチコピーが飛び込んできました。
かなり具体的な切り口ですね。
この〇〇市は、令和元年5月1日現在で、
人口数は約4600人、世帯数は約2600世帯も増えています(いずれも前年の同じ月と比較して)
平成30年中 人口増加数、増加率で千葉県内1位に!
平成29年中 増加率では全国2位に!
という情報も見つかりました。
どうやら、ものすごい勢いで人口が増えている『まち』のようです。
jinkou0105
(グラフをクリックすると拡大します)

ここで一つの疑問が・・・・・。
「人口って、勝手に増えるものなの?」

実は〇〇市役所にはマーケティング課という都市のイメージや認知度をアップさせるための部署があるのです。
全国的にも珍しい取り組みです。

つまり、『まち』を活性化させることに特化した様々な働きかけを行った結果、
ファミリー単位で〇〇市の人口が増加したのです。

ファミリー数が増えるということは、様々な社会的な取り組みが必要になってきます。
その一つが、「子ども」に関する支援です。
〇〇市が大きく取り組んでいるのは、次の三つです。
駅前送迎保育ステーションを設置
保育園を新設・増設
学童クラブの整備
働きながら子育てをするファミリーへの支援に力を注いでいますね。



・・・ということで、お待たせしました。
       
都心から一番近い森のまち
       
EDOSENご当地の千葉県流山市でした!!

流山市では「母になるなら、流山市」というキャッチコピーで、子育てのしやすい環境づくりに取り組まれています。
そこで、絶対的に欠かせない存在となるのが、
保育士です。


このシリーズでは、ご当地の流山市でどれだけ保育士が求められているのかなど、大切な情報をお伝えしてまいります。
保育士以外の福祉職に関しても、もちろんお知らせいたします!


※本記事作成にあたっては、
流山市公式HPを参考(グラフは借用)にさせて頂きました。
 なお、情報はすべてアップロードした日に取得したものです。


*****
・デスクトップ(パソコン)からご覧の方へ。
もし、記事を気に入っていただけましたら、下の「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです

・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。