EDOSENにフィットネス同好会が誕生しました 
a27747fc28b39eeb37678c952bd29ed1_s
fitnessフィットネス:健康。また、健康や体力維持向上を目的として行う運動。(大辞泉)

同好会リーダーのスポーツトレーナー学科 河野 蓮さんによると・・・、

私を含めて、スポトレ学科生は体づくりに対する興味が強く、好きが高じてフィットネス同好会を立ち上げました。放課後は、室内ジムで、各々が体を動かしています。スポーツトレーナーやスポーツインストラクターなどを目指している学生が多く、授業や同好会の活動を通して、刺激しあっています。ウエートトレーニングをするうえで、授業で得た知識がとても役立っています。

・・・とのこと。   
それでは、実際にどのような器具を使っているのか、その一部をご紹介いたしましょう。
(専門的な用語がかなり出てきますが・・・ 最後までおつきあいくださいね)

※器具の画像はイメージですが、EDOSENが所有するものと似たタイプです。
ベンチプレスマシン(ベンチに仰向けになって、バーベルを持ち上げます)
ベンチプレスマシンイメージ
筋力トレーニングの基本としても有名ですね。
大胸筋をメインに、三角筋や上腕三頭筋も同時に鍛えることが可能。
上半身の総合トレーニングを行います。

ラットプルマシン
(ウエイトのついたバーを下方向に引きます)
ラップトルマシンイメージ

「ラット」とは「広背筋」のことです。「プル」は「引く」を意味します。
ラットプルダウンという呼び方もします。
「逆三角形ボディになる」「胸板が厚くなる」
「猫背が改善される」などの効果が期待できるそうですよ。

ダンベル
(バーの部分を握ってヒジの曲げ伸ばしをします)
ダンベルイメージ
日本語で「鉄アレイ」、筋トレの王道アイテムです。
上腕二頭筋を鍛えるトレーニングに最適です。

その他、
スクワットマシン上半身を立てたまま行う、ヒザの屈伸運動)
エアロバイク自転車型の器具)
なども使用しています。

いかがですか?
かなり本格的ですよね。
EDOSENではこうしたトレーニング器具を揃えて、学生たちの運動能力アップに力を入れています!

スポーツトレーナー学科今年度から開講された新学科ですが、
さっそく学科生が中心となって同好会を始動するなど、意気込みの大きさが伝わってきますね。

ところで、学科生たちのスポーツ経験は、
野球、サッカー、弓道、剣道、テニスなど、多種多様。
つまり、練習方法も体づくりも種目によって異なっています。
そうした各自の経験値を持ち寄り、アイデアを出し合いながらフィットネスに励んでいます。

運動習慣をつけることの大切さ
「部活動は高校までと決めているから」とか、「キツイし、疲れるし、面倒くさい」とか・・・。
わかります! 運動するには準備も時間もかかりますよね。
でも、運動した後の爽快感を一度味わうと習慣化に結び付きますよ。

EDOSENフィットネス同好会では、
無理なく楽しみながら体を動かし、運動を日常に取り入れることを目的としています。
それは、基礎代謝のアップ・筋力や筋量のアップにつながり、健康な毎日を送るための原動力になるからです。

「興味がわいた」「ちょっとやってみたい」という方、
オープンキャンパス体験授業で実際に試してみていただけます。どうぞお気軽にお越しください。

さあ、あなたも運動習慣をつけて★美ボディ★への道を!

ただいま★美ボディ★に向けて奮闘中(実際の様子:室内ジムでベンチプレスを使用中)
フィットネス同好会

スポーツを頑張ってきた」。だから『スポーツ』を仕事にしたい!という高校3年生の方へ
スポーツ指定校入試制度があります。ご案内はこちらです。
スポーツトレーナー学科紹介リーフレットを無料でお届けいたします。

※スポーツトレーナー学科では週に2コマ
(科目名「トレーニング実践」「トレーニング指導実践」)
トレーニング器具を使用した授業を開講しています。
※フィットネス同好会への入会は、学科を問いません。 

〈参考情報〉
スポーツ庁が行った調査より。
・成人の週1回以上のスポーツ実施率は55.1パーセント(平成31年1月に行った世論調査)。
・障害者(成人)の週1回以上のスポーツ・レクリエーション実施率は20.8パーセント(平成29年9月に行った調査)

*****
・記事を気に入っていただけましたら、下の「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。