本日6月4日~10日は、歯と口の健康週間です。
今年度の啓発標語は いつまでも 続くけんこう 歯の力
1447822
この週間は、厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会、日本学校歯科医会が実施しているもので、
1928年(昭和3年)に日本歯科医師会が、
6(む)4(し)にちなんで取り組んだのが最初だそうです。(日本歯科医師会HPより)

さて、1930年度以降の標語の記録が残っていますので、いくつかご紹介しましょう。(なかなか目にする機会もないですよね

まずは、古いものからいくつか抜粋~
六歳臼歯を大切に(1930年度) / 強い歯をつくれ(1932年度) / 御国を守れ 歯を守れ(1934年度)  

いかがです?
私たちが慣れ親しんでいる標語形式とは違いますね!「虫歯予防をしましょう」ということにも時代背景が色濃く出ています。

それでは、もう少しご紹介を。
強い歯は 母でつくって 子で守れ(1957年度)
こちらも、なかなか・・・。

昭和後期から平成時代の標語は、おとなしいものが多くなります。
よい歯で よくかみ よいからだ(1972~78年度)80年 心も元気 歯も元気(1997年度)/ 
ごちそうさま おはしをブラシに 持ちかえる (2006年度)/ 健康も 楽しい食事も いい歯から(2016年度)
と、このように各年度、標語で啓発している歯と口の健康週間です。

さて、福祉の専門学校であるEDOSENの学生なら、今さらですか!という話かもしれませんが・・・。
乳幼児や児童から高齢者まで、各福祉現場では口腔ケアに留意していますね。
ひとたび、お口のトラブルが起こると、しっかり噛んで味わう・しっかり飲み込むという機能が阻害されてしまいます。
必要な栄養が摂れないことによる体力低下にもつながりかねません。
園児や施設利用者の方に自信を持って口腔ケアが出来る福祉職となるためにも、
EDOSEN生の皆さん、定期的な歯の検診を受けましょう!!

以上、歯と口の健康週間のお知らせでした。
※標語は日本歯科医師会HPより転載いたしました。

参考》ライオン歯科衛生研究所の資料より抜粋
歯と歯の間(歯間部)は歯ブラシの毛先が届きにくいためプラークが残りやすく、むし歯や歯周病が発生しやすい場所です。
細いナイロン繊維からできているデンタルフロスを歯間部の清掃に使用するとその部分のプラーク(歯垢)を効率よく取り除くことができます。
歯と歯の間の歯垢除去率ですが、 歯ブラシのみは58%、歯ブラシ+デンタルフロスは86%という結果が出ています。


デンタルフロスの使い方↓

1389706コピー
このように↓ならないためにも、日々の努力を!
1439491

お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。