タイトルの質問を某有名サイトで眼にしました。
f74077011cd39acf6641b9588c66b9e2_s
もちろん あ・り・ま・す!!

こちらの質問者の方は、
・資格試験に向けての勉強をするための学校でしょ?
・実習や研修も多いでしょ?
などと思われたのかもしれません。

なかなか自力で調べてもわかりにくいのが進学先のカリキュラムや年間スケジュール
特に、専門職に就くために学ぶ = 専門学校については、学習スタイルのイメージがつかみにくいかもしれませんね。
とても率直で良い質問だと思いました(実は同様の質問、結構インターネット上で見かけます)


江戸川学園おおたかの森専門学校では、こうしたカリキュラムに関する質問にも丁寧にお答えしています。
特に、オープンキャンパスでは、学科で使用しているテキストの展示や学科生の1日の過ごし方表などを掲示して、
学生生活や学習内容の一端に触れていただける工夫をほどこしています。
参加者の皆さんからも好評のコーナーです。


さて、タイトルの質問。
あまり具体的なお答えはちょっと難しいのですが、
40cbeaf93f617df58d143b8f8add2ae3_s
(画像はイメージです)
前期定期試験であれば、その名のとおり上半期に学んだ内容の習熟度を問います。
形式も、授業内試験や課題レポート提出など、科目や先生によって違いがあります。
上の画像のような暗記が必要な試験もあれば、与えられたテーマに対して考察や見解を記述するタイプの試験もあります。
(ごめんなさい!ブログではこのあたりまでで~。あとは直接EDOSENで!)

いずれにしても、普段からしっかり授業を聴いて、復習して、提出物を整えて、元気に受講して、試験対策を練って・・・。

あれっ、「高校までと同じ?」と思われた方、
そのとおりです。基本的にはほぼ同じです。

ただ、やはり専門職に就くための勉強をするのが専門学校。
専門課程の習熟は必須です。
ですから、必然的に定期試験も専門知識を蓄えるための内容となります。
直前に一夜漬けでや~ろう!というのではダメですよ。


さあ、来月はその前期定期試験!(気が早い?)
EDOSEN生にこの言葉を贈ります。

bd6897fc9ff0af27dbb2c102d58a6f38_s


お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。