本題に入る前に、まずはコチラの説明から。
タイトルにあるこ福って、何かおわかりになりますか?「わかります」という方は、かなりのEDOSEN通(つう)です
少し前に、某女性お笑い芸人の方がお子様に「笑福」と書いて「えふ」と名付けられ話題になりましたが・・・。

こ福とは、江戸川学園おおたかの森専門学校こども福祉学科の略称です。
ぜひこ福(こふく)と覚えていただければ嬉しいです。

それでは、前置きはこの辺りにして本日お届けする話題を~。話はおよそ半年前にさかのぼりますが、
昨年(2018年)12月に千葉県立流山おおたかの森高校千葉県流山市大畔)家庭科授業からのご依頼に、
こども福祉学科生全員が協力させていただきました。

a906e30856483b0832d0c6c6496b621c_s

先日、その授業概要のまとめをお預かりしましたので、紹介させていただきます。

こちらの授業は「家庭基礎」という科目名で1・2年生を対象として開講されているとのこと。
以下は、ご担当の先生からの説明です。

家庭科の調理実習の中に、養護教諭による講義と指導を取り入れ、歯によいおやつ作りに取り組み、保育者の責任と生涯にわたる歯と口の健康について考えさせることを目標にしました。

流山おおたかの森高校は「歯と口の健康教育」への取り組みが評価され。平成27年には文部科学大臣賞を受賞されています。
学校をあげて口腔衛生の意識が高いことがよくわかりますね。(口腔衛生といえば先日アップしたこちらもぜひご覧くださいね!)

さて、EDOSENこ福がご協力したのは専門学校で保育を学ぶ学生が選ぶ「歯に良いおやつ」
つまり、審査員の大役を務めさせていただきました!!

1490751

ご担当の先生からは、
「専門学校生に評価されるということで、緊張感を持ってメニューを考えることができました」とのメッセージも!
EDOSENの保育士への学びに信頼をお寄せいただいているからこその栄えある審査依頼だと思っております。
こちらこそ良い経験をさせていただき大変ありがとうございました。
頼りになる保育士を目指してこれからも頑張っていきます。
乞うご期待!!


それでは、高校生の皆さんが考案したメニューを少しご紹介しましょう。
授業で設けられていたテーマは蒸しパン作り。
条件は、「虫歯になりにくい」「噛みごたえがある」「栄養価が高い」「おいしく楽しい」を満たす具材を入れることです。

そして出来上がったのは、
紅茶とナッツ / ほうれん草とチーズ / 蒸し大豆 / おから・バナナ・ごま / かぼちゃ / 栗 など。。。
(すべて「〇〇の蒸しパン」と読み替えてくださいね)

Q.さあ、見事1位に輝いた蒸しパンは!?

A.上の例の中に含まれています。
わかった方、知りたい方、ぜひコメント欄にお寄せください!
お待ちしています。

以上、高校家庭科授業へのご協力報告でした。

〈EDOSENでは、高校生応援プロジェクトの一環として「家庭科連携授業」を行っています〉

*****
・デスクトップ(パソコン)からご覧の方へ。
もし、記事を気に入っていただけましたら、下の「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです

・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。