EDOSENブログ読者の方のなかには、
インターネットで専門学校というキーワードを検索される方も多いと思います。

知っているようで知らない(?)専門学校。
今回は、専門学校とはいったいどういうところなのかを簡単に説明させていただきましょう。

1449209コピー

専門学校
と似た言葉に、専修学校があります。
検索結果にも出てくることが多く「専門学校と専修学校、どう違うのだろう・・・」と疑問に思う方もいらっしゃるようです。

結論から先に申しますと、同じです!
「えっ、専門学校に進学したいのですけど」という方は、戸惑われるかもしれませんね。
ただ、これは補足が必要な結論です。

文部科学省では専修学校
学校教育法の中で専修学校は「職業もしくは実際生活に必要な能力を育成し、または教養の向上を図る」ことを目的とする学校
と位置付けています。
実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う機関、そして、多様な分野のスペシャリストを育成するのが専修学校です。

さて、ここからが補足です。
先の専修学校は、「高等課程」「一般課程」「専門課程」の3つに分類されます。
そのうち「専門課程」をもつ専修学校だけが専門学校と称することが出来るのです。

*「高等課程」は、高等専修学校とも呼ばれ、高等学校と並ぶ中等教育機関として位置づけられています。
つまり、入学資格は、中学校卒業者です。
大学入学資格への道も開かれていますが、文部科学大臣が指定した学科の修了者で、
①修業年限3年以上、②総授業時数2,590時間(74 単位)以上などをクリアすることが必要です。

*「一般課程」は、入学資格として、中学校卒業や高等学校卒業などの限定がありません
誰でも自由に、専門的な知識や技術を学べるところに特色があります。
ただし、大学への編入や入学の資格を得ることは出来ません。

「専門課程」は、高度な専門的技術・技能の習得を目指す高等教育機関として、重要な役割を担っています。
入学資格は、 高等学校卒業以上、または、3年制の高等専修学校卒業者です。
文部科学省のデータによると、
『近年、資格の取得を目指して、大学や短期大学、高等専門学校を卒業してから専門学校に入学する学生が数多くいます。
平成28年度においては、1万7千人を数えています』とのこと。
EDOSENにも、他の高等教育機関を卒業したあと、さらに専門教育を修めるために入学してくる学生もいます。

介護福祉学科 / こども福祉学科 / 心理・社会福祉学科 / スポーツトレーナー学科社会福祉士養成学科(通信課程)

873683コピー

なお、文部科学大臣が認めた専門学校の修了者に対しては「専門士」の称号が付与されます。
「専門士」には、短期大学卒業者と同等以上の学力があると認められ、大学への編入学資格が与えらます。

江戸川学園おおたかの森専門学校では、系列の江戸川大学への編入制度も設けています。
在学中に、「より専門的な学びを」「大学卒業資格(学士)を取得したい」などの希望が生まれた場合は、
ぜひ相談してくださいね。

あなたの大切な進路です。お気軽に質問をお寄せください。

以上、専門学校についての説明でした。
(※この記事は「文部科学省 専修学校パンフレット」を参照いたしました)

こちらも参考になさってください(クリックすると記事をご覧いただけます)


*****
お問い合わせ先 フリーダイヤル 0120-538-505 メール fukushi@edogawa-u.ac.jp
EDOSENオープンキャンパスイベント予約ページからの直接予約もOKです!
※交通機関など、EDOSENオープンキャンパスについての総合情報はこちらをご覧ください

・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。