暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
今回は、保育士の仕事の体験学習「仕事の学び場」の様子をご紹介いたしましょう。

これは、去る8月2日(金)と3日(土)の二日間、江戸川学園おおたかの森専門学校で開講されたもので、
参加者の皆さんは暑さに負けずに連日受講され、しっかりと保育の重要性や仕事の魅力を体感していました。

852490048e193304534ef452b17b1e5b_s
(イメージ画像)

「仕事の学び場」とは
将来就きたい職業への夢や思いをカタチにしていく職業体験の場で、
千葉県専修学校各種学校協会の教育事業の一環として協会会員校で実施されています。
職業教育に関連した体験学習をとおして具体的に職業についての理解を深め、
職業意識や就労感を育んでいくことを目的としているものです。
対象者は高校生が中心ですが、中学生や高卒者・中退者、大学等の卒業者・中退者も参加可能です。

201908学び場1
(当日の様子。在校生と懇談中)

今回、EDOSENこども福祉学科で開講した「仕事の学び場」のテーマは、
「保育者の仕事を体験しよう!」

敷地内に併設されている系列保育園で「現場を知る体験」
保育士に求められる三大表現要素の「音楽 / 造形 / 言語(お話)に触れる体験」を中心に、
保育の今を学んでいただきました。
※当日の学習概要:
保育園見学 / 実技体験(ピアノ、造形、調理実習) / 保育現場で使われる手遊び・紙芝居・手作りおもちゃを体験 / 赤ちゃん人形で沐浴を体験 。

201908学び場2
(こちらは調理実習の「手作りおやつにチャレンジ」。クリックすると拡大します)

201908学び場3
(第1日目も無事終了!「まとめ」の時間です。担当は、鎌田 由紀子先生

終了後、参加者の皆さんから丁寧な感想をたくさんお寄せいただきました。ありがとうございます。
それでは、その中から少し紹介させていただきましょう。

〈高校2年生:女子〉
将来について深く考えることが出来ました。
印象深いのは、保育園見学です。紙芝居を読む前に手遊びをして注意をもたせるなどの工夫がされていて、
「なるほど」と思いました。これまで以上に保育の仕事に関心を持ちました。2日間ありがとうございました。

〈高校1年生:女子〉
受付や案内の在校生の対応が丁寧でとても安心しました。
在校生からアットホームな雰囲気が感じられ、のびのびと学ぶことの出来そうな学校だなと思いました。
また先生方の教え方が、一人ひとりに合わせてゆっくりと丁寧で、質問などもしやすかったです。
今回は貴重な体験をさせていただきありがとうございます。また機会があれば、ぜひ参加させていただきたいと思います。

EDOEENでは、
地域の高校生の方々に、将来の進路を明確にし、目的を持って勉強して欲しいと願っています。
これからも、こうした取り組みを通じて、専門教育の重要性を皆さんと共有していきたいと思います。

ご参加の皆さん、大変お疲れ様でした。
以上「仕事の学び場」のレポートでした。


 こども福祉学科で無料「ピアノ教室」を開催いたします
(バーをクリックすると大事な情報をご覧いただけます)


*****
・デスクトップ(パソコン)からご覧の方へ。
もし、記事を気に入っていただけましたら、下の「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです

・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。