大変暑い中のご来場、本当にありがとうございました。次回のご参加も心からお待ちしております。
8月18日
(日)は、EDOSENオープンキャンパス。

スポーツトレーナー学科の体験授業は、
スポーツマスコミが明かす! スポーツトレーナーの真実す。

今回は、特別ゲストをお迎えして開講いたします。オトナの方も、ぜひ、お越しください。

さて、ゲストは、こちらの方です!

490513記者

大林 幹雄さん(スポーツニッポン新聞社)。
日本プロ野球、アメリカメジャーリーグの担当を歴任され、
現在は、スポーツニッポン新聞社の野球担当デスクとしてお忙しい日々をお過ごしです。


「トップチームを支えるスポーツトレーナーの苦労とは?」「理想的なスポーツトレーナーとは?」など、
日米での取材を通じて、スポーツトレーナーの仕事ぶりを数多く目の当たりにしていらっしゃる大林さんに、
とことんお話をうかがってまいります。

スポトレ

スポーツトレーナー学科担当の入試課職員からのメッセージです。

スポーツ現場を熟知する記者ならではの話を直接聞けるチャンスは、あまりないと思います。
皆さんが興味を持っているスポーツトレーナーなどスポーツを支える仕事、また、支えられる側の選手の日常、そして、ここだけの裏話など、取材経験がとても豊富な大林さんだからこそ語れる内容をお届けいただきます。競技に関すること、スポーツに関わる職業のこと、その他、あなたの知りたいことなど、なんでもお尋ねください。質問、大歓迎です!

実は、今回、大林さんへのゲスト依頼をお出ししたのは、こちらのメッセージ主の入試課職員。
以前、サンケイスポーツ紙で記者を務めており、大林さんとは旧知の間柄なのです。
「現場のことは現場に聞く!」との精神で大林さんにお願いしたところ、快くお受けいただけたとのことでした。

トレーニング技術の習得だけが、スポーツトレーナーやスポーツインストラクターへの学びではありません。
スポーツを取り巻く環境やそこで働く人々、また、スポーツファンの動向など、
多様な角度から「スポーツを知る」ことが理想的です。

ぜひ、ご一緒に体験いたしましょう!

※当日はウエートトレーニングの実践も行います。室内用シューズをご用意の上、動きやすい服装でお越しください。

スポーツを頑張ってきた」。だから『スポーツ』を仕事にしたい!という高校3年生の方へ
スポーツ指定校入試制度があります。ご案内はこちらです。
スポーツトレーナー学科紹介リーフレットを無料でお送りいたします。

*****

ご予約(お問い合わせ)は、フリーダイヤル 0120-538-505 へお電話を。
イベント予約ページからの直接予約もOKです!

交通機関など、EDOSENオープンキャンパスについての総合情報はこちらをご覧ください

・デスクトップ(パソコン)からご覧の方へ。
もし、記事を気に入っていただけましたら、下の「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。