EDOSENブログへのご訪問、ありがとうございます。

暑い中ご来場いただきまして大変ありがとうございました。次回も皆様のご参加を心からお待ちしております!
8月31日(土)は、EDOSEN オープンキャンパス!
昨日アップした各学科の体験授業「予告」ページは、もうチェックしていただけましたでしょうか?
(バーをクリックすると、全学科の「予告」をご覧いただけます)
 

さて、今回のオープンキャンパスでお届けする 高校生応援プロジェクトは、
千葉県立流山おおたかの森高校 JRC部流山市大字大畔の活動報告です。

中高生の間ではJRCという言葉はお馴染みかもしれませんが、念のため、おさらいです!
JRCとは、“Junior Red Cross”の略で青少年赤十字という意味ですね

 青少年赤十字は、児童・生徒が赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、日常生活の中での実践活動を通じて、いのちと健康を大切に、地域社会や世界のために奉仕し、世界の人びととの友好親善の精神を育成することを目的として、さまざまな活動を学校教育の中で展開しています。

青少年赤十字では、先に述べた目的を達成するために、「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」の3つの実践目標を掲げています。

また、主体性を育むために「気づき」「考え」「実行する」という態度目標を掲げています。
〈出典:「日本赤十字社」ホームページより抜粋して転載〉


流山おおたかの森高校 JRC部の皆さんは、この精神のもと、精力的な活動を行っています。
EDOSENオープンキャンパス当日は、部員有志から近々の活動内容を紹介していただきますので、ご期待ください。

まずは、JRC部を知っていただくために、こちらをご紹介!
先ごろ行われた「認知症サポーター養成講座(JRC部とPTAとの共同開催)」でのひとコマです。

高齢者、認知症、地域包括支援センターの役割や認知症高齢者との接し方などを学習した一日です。
JRC部 講座
(ご参加の生徒、保護者、職員の皆さんです。総勢60名!)

高齢者疑似体験の様子。
JRC部高齢者の体験
(EDOSENの介護福祉学科でも、こうした体験学習を行っています)

「絵本」も大事な学習素材です。
JRC部絵本
(絵本『忘れても好きだよ、おばあちゃん』)

オープンキャンパスご参加の皆さんも「私たちにも出来るサポート」を一緒に考えてみませんか?
ご来場、お待ちしています。

本日は、高校生応援プロジェクトのご紹介でした。

※高校生応援プロジェクトについての参考ページです。



*****

ご予約(お問い合わせ)は、フリーダイヤル 0120-538-505 へお電話を。
イベント予約ページからの直接予約もOKです!

交通機関など、EDOSENオープンキャンパスについての総合情報はこちらをご覧ください

・デスクトップ(パソコン)からご覧の方へ。
もし、記事を気に入っていただけましたら、下の「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。