EDOSENブログへのご訪問、ありがとうございます。

さて、本日は、スポーツトレーナー学科の話題です!
今回、お届けする授業の舞台は・・・・、

神宮1IMG_20190803_160222_652 (1)
(受講した学科生たち。キリっと引き締まった表情をぜひ拡大してご覧ください!)
あの有名な神宮球場(東京都新宿区)です

8月初旬、スポーツトレーナー学科では、サンケイスポーツ様のご協力を得て、
「関連施設実習」授業を行いました。
これは、学科内で履修する科目の一つで、
スポーツ分野に携わるうえで知識と経験を広く身に付けることを目的としています。

スポトレ1533669

この日行われたのは、プロ野球セ・リーグ公式戦「ヤクルト×中日」の試合!

学科生たちは、午後2時前に神宮球場に到着すると、
サンケイスポーツの伊吹 政高運動部長のご指導のもと、まずは両チームの練習を取材しました。
ホームチームはヤクルト、ビジターチームは中日、各選手の熱気を間近で感じられる非常にうらやましい距離です。

(デスクトップからはクリックすると拡大します。学生の真剣な表情から、迫力ある練習風景をご想像ください

神宮3IMG_20190803_160222_654
神宮2IMG_20190803_160222_652 (2)

伊吹部長からは、プロ野球選手のシーズン中の練習方法や食事について、また、ご自身の取材活動における裏話など、
現場を知る方ならではのお話をしていただきました。ありがとうございます

学科生たちは、試合開始後は特別に記者席に座らせていただき、そこでも取材です。
試合前に見学した各選手の練習内容が、どのように試合に生かされているのかなど、
自分の目線で観察し、それをメモにまとめていきます。
見るだけ、聞くだけ、ではなく、きちんと吸収してまとめるという作業の積み重ねが、知識を増やしてくれます。

*グラウンドに立って、プロ野球の練習を見たのは初めてです。
テレビではわかりませんでしたが、プロ野球選手の体がとても分厚くて、大きいことがわかりました。
試合では、その大きさを感じさせないくらい俊敏な動きを見せるのがすごい! トレーニングに関する勉強のモチベーションがさらに上がりました。(1年:平野 愛結さん)

*僕は高校まで硬式野球をやっていました。
プロ野球選手についてもある程度は知っていると思っていましたが、試合前の体のケアや、工夫あふれる打撃練習など、参考になることばかりでした。(1年:荻谷 真吾さん)

EDOSENのスポーツトレーナー学科では、こうした貴重な体験学習をカリキュラムに組み入れています。
スポーツをする人、スポーツを支える人
両方の姿勢を肌で感じることは、教科書だけでは理解できない感動を与えてくれます。

こうして、シーズン中のプロ野球選手のトレーニングをじっくりと観察した学科生たち。
本当に有意義な一日となりました。ご関係の皆様に感謝です。

(ちなみに、この日の試合結果ですが、5ー4で中日の勝利となりました)
※神宮球場の正式名称は、明治神宮野球場。プロ野球の東京ヤクルトスワローズが本拠地にしています。

スポーツを頑張ってきた」。だから『スポーツ』を仕事にしたい!という高校3年生の方へ
スポーツ指定校入試制度があります。ご案内はこちらです。
スポーツトレーナー学科紹介リーフレットを無料でお送りいたします。

*****

・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。