EDOSENブログへのご訪問、ありがとうございます。

午後から雨脚の強まっている地域も多いようですね。
台風15号で被災なさった方々へ心からお見舞いを申し上げますと共に、
二次災害などで被害が拡大しないことをお祈りしております。


さて、本日お届けする話題は、社会福祉士国家試験合格講座受講生からのメッセージ第2弾です。
(第1弾はコチラ。カリキュラム概要などを参照していただけます。バーをクリックしてご覧ください)



今回、メッセージを届けてくださったのは 
_20190727_130819

椎名 香織さん(22歳)です!

 椎名さんが社会福祉士(国家資格)の資格を取ろうとお考えになったのは、ナゼですか?

 はい、資格を取得して相談業務ができるようになりたいと思うようになったからです。
そのためには実務経験もしっかりと積んで、現場のことも理解していきたいと考えています。

 お仕事との両立はいかがですか?

 ありがたいことに職場の皆さんからも理解をいただています。
この合格講座のために休日を取りやすくしてもらうこともあるのですよ。周囲からの後押しにも感謝しています。

心理社会115619コピー

椎名さんは、2018年にEDOSEN心理・社会福祉学科(当時:社会福祉学科)を卒業され、
現在は、千葉県市川市の障害者施設に勤務なさっています。
ただ今、2020年2月上旬の試験での合格を目指して、猛勉強中です。

bf820f50cc44b64e4dc6e9f2e09389fb_s

 働きながら勉強する時間を作る、そして、学習を深めて知識を身に付けていくことは、正直なことを言うと決して楽ではありません。結構、大変です(笑)。
 だから、自分に適した学習方法を見つけるのがベストでしょうね。私の場合は、主に過去問を解くのに時間を割いています。
 合格講座は同じ目的の方ばかりなので、とても刺激になります。毎日が充実しています!(椎名さん談)

勉強の仕方は人それぞれですが、
椎名さんのように、自分の持ち時間を工夫しながら効率的な学習計画を組むことが合格への近道ですね 

社会福祉士国家試験合格講座では、学習方法など、個別の相談もお受けしています。
また、多くの受講生の方が苦手とする科目を集中的に扱うなど、合格に向けて徹底したカリキュラムでサポートしています。

今よりも一歩先へとキャリアアップを望む方、
ぜひ、ご一緒に学んでみませんか?

※この「社会福祉士合格講座」は、本校卒業生以外の方にも受講していただけます。詳しくは、下記をご覧ください。

(下記の「合格講座案内」は本年度受講者用です、来年度用の更新まで少しお待ちいただきます)
 

国家資格の社会福祉士を養成するための通信課程社会福祉士養成学科も設置しています。

*****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。