本ページ内の動画をただいま修正中です。公開まで今しばらくお待ちくださいませ。
EDOSENブログへようこそ 

江戸川学園おおたかの森専門学校の各学科では、EDOSENならでは!の特色を学習に取り入れていますが、
こども福祉学科ヒップホップダンスレッスンもその一つ

今回は、1年生の後期で学ぶ正課授業、
EXPG STUDIOの先生による特別ダンスレッスンの様子をお届けいたします。

(正面向かって右端の後ろ姿がChangyama先生)
DSC_0443
(1年1組の授業後、先生からの「今日の振り返り」)

EDOSENのこども福祉学科では、昨年度より正課授業に特別ダンスレッスンを取り入れています。
この授業の目的は、保育士に求められる表現力や感性を体得し、全身で表現する喜びや創造力、
子どもが楽しみながらダンス(全身運動)を習得できる指導法や振り付け技術を学習
することです。

3回にわたって行われる特別ダンスレッスンは、
あの有名なEXPG STUDIOからプロのインストラクターの方を講師にお迎えし、非常にアツイ授業が展開されていきます。
「さすが!」というレッスンは、一瞬にして学科生たちのハートを捉えてしまうほど 
入学以来、この授業を「待ってました!」という1年生も多く、第1回目から本当に熱気にあふれた時間となりました。

(入念なストレッチの様子)
DSC_0410
DSC_0413
DSC_0415

さあ、授業のスタートは、ストレッチから!
担当のChangyama先生(EXPG STUDIO東京校)からの「みんな、体が硬いよ~」との声に、
最初は「痛い!」「ムリ!」などの悲鳴(?)を上げていた学科生たちも、徐々に体がほぐれていき・・・、

DSC_0424

振り付け導入の頃には、余裕の笑顔もチラホラと・・・。

この授業の課題は、
ヒップホップダンスの基本を教わりながら、そこにオリジナリティも加味した自分たちの振り付けを仕上げること!
さあ、1分たりともムダにはできませんね 

カウントに合わせて振り付けを覚えている様子:動画)


学科生たちの汗と熱気で、ダンススタジオの鏡もご覧のとおり曇っています。

90分間しっかり練習した後は、Changyama先生から「今日の振り返り」タイムもあり、
学科生たちは次回に向けてさらに意欲を燃やしていました!

DSC_0450
(こちらは1年2組の授業後の様子)

さあ、第2回目のレッスンはどのような展開になるのでしょう~
皆さん、乞うご期待です 

(「中編」はコチラ第2回目の様子です)


EDOSENで保育士を目指す方への大切なお知らせです。ぜひ、ご覧ください。
 
 
・記事を気に入っていただけましたら、「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。