本ページ内の動画をただいま修正中です。公開まで今しばらくお待ちくださいませ。
EDOSENブログをご覧いただきありがとうございます
 

本日はこども福祉学科のスペシャル授業、
EXPG STUDIOのプロ講師から学ぶヒップホップダンスレッスン第2弾をお届けいたします!

 こちらは前編)


昨年よりEDOSENこども福祉学科で開講しているこの特別カリキュラム、
実は、EXPG STUDIOが全国の学校で初めて担当した正課授業(単位が発生する)なのです。
昨年は、HENA先生(大宮校)O-IWA先生(横浜校)に、今年は、Changyama先生(東京校)にご指導をいただき、
学科生たちは新鮮な刺激を存分に味わっています。

DSC_0474コピー
(先日の第2回目授業から。1年2組がストレッチ中)

この授業は、単にダンス実技を習得することだけを目的としているのではなく、
保育士として指導する立場になる学科生たちが、体で表現する喜びを体感し、
それを子どもたちと共有できる人材になることを目指しています。

さて、前回は初日ということもあり、先生の動きについていくのに精一杯だった学科生たちですが・・・。

(動画:1年1組の様子 Google Chromeブラウザが再生しやすいようです

と、カウントを取るのにもかなり慣れてきた様子です。

今回のポイントは、足の動き!
チャールストンランニングマンニュージャックスイングの三つのダンスを覚えていきます。
足に気を取られると手がおろそかになり、また、その逆のパターンも発生してしまいます。

(こちらは2組の動画: この「足の練習」は上の三つのダンスのうち、どれでしょう?)

(正解は、このページ最下段の「タグ」の中にあります  

Changyama先生
からのアドバイスは、
「一つひとつ確認しながら踊りたくなると思うけど、敢えて自分の出来る動きを優先しよう。 
手と足の動きがばらつくのを恐れずに!」。

(1組の様子)
DSC_0459
DSC_0477コピー
(向かって右が広岡校長。2組のレッスンを見学中です)

学科生たちの一生懸命さに、見学の広岡 勲校長もとても感心されていた様子でした 

さあ、いよいよ次回が最終回のヒップホップダンス授業!
オリジナルの振りも加えたダンスの発表です。

こども福祉学科1年生の皆さん、大いに弾けましょう~。

(「後編」はコチラ最終回の様子です)


EDOSENで保育士を目指す方への大切なお知らせです。ぜひ、ご覧ください。

 
 
・記事を気に入っていただけましたら、「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。