EDOSENブログへようこそ 

関東地方で「春一番」が吹いた一昨日の22日(土)、
EDOSENでは、職業訓練生の方を対象としたオープンキャンパスが実施されました。

このオープンキャンパスは「離職者等再就職訓練の受講生」の皆さんが、
介護福祉士もしくは保育士を目指すにあたって、学びの一端に触れることを目的に開催されたものです。
そこで今回は、EDOSEN介護福祉学科で応対した介護福祉士養成のための体験授業の様子をお届けいたします 

職訓生OC介護福祉学科

さて、皆さんにはEDOSENの校内を移動しながら、車いすの基本的な使い方を体験していただいたのですが・・・。

まずは車いすの機能の説明を受けます)
OC職訓生2

続いて「移動介助」の体験です)
OC職訓生3

学校内には意外と段差や障害物があります。
意識していないと「ガクン!」となることも・・・。
また、一見簡単そうに思えるエレベーターでの移動ですが、
状況によって「前向き」「後ろ向き」のどちらが適当なのかなど、判断するべき事柄もあります。

OC職訓生1
正面が担当の野口先生)

「声かけをしてもらうと安心感が違う」
「思っていたよりも乗り心地は快適な感じでは無かった」など、率直な感想が聞けた車いす体験でした。

 説明会および体験授業に参加いただきありがとうございました。
社会人になってからの学生生活には色々と不安があると思います。その不安を全て払拭することは難しいでしょうが、EDOSENの教職員全体で不安感の軽減と皆様の学習が有意義になるよう支えていきます。福祉の世界は奥深く、学べば学ぶほどハマります! 私たちと一緒に正解のない学問を探究しましょう。(野口先生)

EDOSENの
離職者等再就職訓練の養成講座を受講して、その後、各福祉現場で活躍している方は大勢います。
また、在学中は学内イベントなどで学科生たちと協働するなど、学生生活も謳歌できます。
関心をお持ちの方、どうぞお気軽にEDOSENまでご連絡ください。
ただいま個人での学内見学も受付中です。

さあ、EDOSENで一生モノの国家資格を手に入れましょう 

※職業訓練に関する要項は、こちらをご覧ください。



野口先生に関する参考記事です)


 ただ今入学願書受付中です。詳しくはコチラをご覧ください
 
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。