EDOSENブログにお越しいただきありがとうございます 

昨日の当ブログで職業訓練生(離職者等再就職訓練の受講生)の話題をお届けいたしましたが、
本日は、その制度で学び、晴れて保育士となった卒業生の様子をご覧いただきましょう。
こちらは要項です)


今回ご紹介するのは、コチラの卒業生 
IMG_1267コピー

川上 愛生さんです。
川上さんは、EDOSENの保育士養成講座(こども福祉学科)で学んだ後、
千葉県柏市にある社会福祉法人 童心会 柏さかさい保育園に就職して2年目を迎えました。

柏さかさい保育園は、全部で5つの系列保育園を持つ童心会さんの母体保育園で、
現在、約140名の子どもたちの笑顔があふれる活気ある保育園です 

川上さんIMG_1261コピー
IMG_1260コピー

川上さんの担当は「0歳児」!
どのような時にやりがいを感じるのでしょう~。
 目に見えて成長していくことにやりがいを感じます。
毎日確実に成長していく子ども達が見られて本当に楽しいです。

0歳児を保育するうえで特に気をつけていることは何でしょう~。
 0歳児は「やりたい」「動きたい」という興味と好奇心の固まりです。
とにかくケガをしないように見守っています。
「やりたいこと」は、なるべくやらせてあげたいと思っていますが、
一度やってみて、危ない場合はきちんと「それは危ないよ」と教えます。

ところで、EDOSENでの学びで思い出深いことはありますか~。
 先生方からしていただいた話の数々です。
どれも現場に来て初めて共感できました。
在学中は、イメージはできていたのですが・・・。
実際に働いてみて、「確かにそうなんだ!」と確信に変わり、現実の保育とつながっていきました。
EDOSENでの学びは、すごくためになりました。

川上さんIMG_1269コピー

それでは最後に、これから保育士を目指す人へのメッセージを~。
 行事が好きな人などは、ぜひ目指してほしいと思いますね。
それと、これは私の体験ですが、勤務している柏さかさい保育園は、
園児や職員の良いところを言葉に出して称賛することを大事にしています。
褒められることで子どもも大人も成長しています。
そうした姿勢のある園なので、とても働きやすいです。ぜひ一度、こちらに来てみてください!

川上さんが学んだこども福祉学科の情報はコチラから!)


川上 愛生さん
、ありがとうございました。
保育士さんたちが実際に働いている様子を見てみたい、体験してみたい、という場合はボランティアでの関わり方もあります。
実際に「知る」ことで、川上さんのように知識がつながっていくかもしれませんね。

職業訓練プログラムを経て国家資格を取得する!
今回は、EDOSENでキャリアアップをはかった卒業生の話題をお届けいたしました。

 EDOSENで保育士を目指す方への大切なお知らせです。ぜひ、ご覧ください。
 
 
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。