介護1

福祉のプロになる。
EDOSENマインドを胸に巣立っていく卒業生へのメッセージです。

~野口 和江先生より~

介護は利用者さんのより良い人生の実現を支えながら、自分の人生を見つめる過程です。

利用者さんを癒し、利用者さんに癒され利用者さんを支え、利用者さんに育ててもらう。
そんな道のりを歩みながら、皆さんがこれからも成長しつづけるよう、EDOSENからずっと応援しています。

卒業、おめでとう。
惜別の思いをこめて。
介護 卒業2

~星野 隆先生より~

人生80年時代の2年間は皆さんの人生の中では本当に短い時間です。
それでも、これから福祉の現場、社会の中で生きてゆくための術を学んだ貴重な時間であったと考えています。
この学校で学んだ知識や技術を、これからの仕事や生活や人間関係において活かし、
活躍していくことを願っています。
ご卒業おめでとうございます。

~小川 由花子先生より~

ご卒業おめでとうございます。

2年間の専門的な学びを無事に終え、これからは自分達が選んだ道へ進んでいきます。
良いことも、悲しい体験もあるかもしれませんが、まずは自分自身の人生を楽しんで下さい。
今までやこれからの経験が、よりよい介護・支援にも繋がるはずです。
頑張って。
心から応援しています。

~大塚 久美子先生より~

ご卒業おめでとうございます。

専門学校生活は楽しかったですか?
学校で学んだ知識と経験、
そして何よりも2年間切磋琢磨した仲間たちは社会でもきっとあなたの支えになってくれることでしょう。
介護福祉士としての責任や自分自身の決断で物事が進んでいきます。
これまで一生懸命頑張ってきたみなさんなら大丈夫!

更なる飛躍を期待しています。

Messaege for international students. 
We were happy to be with you. Good luck to you. We
 wish you the very best!

卒業生の皆さんからのコメントもお待ちしています
 


「思い出」のページ
 

・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。