EDOSENブログにお越しいただきありがとうございます 

江戸川学園おおたかの森専門学校には、全日制と通信制(社会福祉士養成学科)の二つの課程があり、
学生たちは、それぞれ自身の将来を切り開いていくための資格取得に向けて日々励んでいます。
特に通信制では、現在の仕事の幅を広げるために、
また、新たな経験を積むために「社会福祉士資格」を目指す社会人学生が学んでいます。

Qa8pjE6sCh2PKhH1585660438_1585660702

厳しい現況にありますが、
資格取得を目指していらっしゃる方が「少しでも学習環境を検討できる機会を」との思いから、
このたび予定どおり第6回目の社会福祉士養成学科入学相談会を開催する運びとなりました。
当学科の入学願書締切日も近づいていますので、懸案事項など、何でも存分にご相談いただければ光栄です。



さて、新たなことに挑戦するにあたって、やはり気になるのが経験者の声だと思います。
今回は、第5期生の俵 はるみさんをご紹介いたしましょう。
現在、地域包括支援センターに勤務されている俵さんは、
子育てが落ち着いた頃に社会福祉士への興味が高まってきたそうです。

「当時、秘書として病院に勤務していたのですが、
ソーシャルワーカーの重要性を痛感すると同時に、その仕事内容に興味を抱くようになりました(俵さん)

ブログ用俵はるみさん顔写真
俵 はるみさん)

「入学後は、家族の協力を得ながら勉強に励みました。
現場には多くのEDOSEN卒業生がいるので、仕事をする上でのネットワークが構築しやすくて、とても心強いです」
とおっしゃっています。

また、入学検討者の方に向けてこんなメッセージも寄せてくださいました。
「在学中、先生方に掛けられたいろいろな『言葉』が、
卒業後、実際に社会福祉士として働くようになってからとても役立っています。
入学をためらっている方には、まず一歩、勇気をもって踏み出してほしいです。
迷ったら『あきらめる』のではなく『やる』。
EDOSENは面倒見がいいですし、頑張っていれば周囲のサポートもきっとありますから」。

俵さん、ありがとうございます!
学習を助けるための社会福祉基礎講座など、
「面倒見がいい(俵さん)」カリキュラムに関する説明も相談会ではしっかりさせていただきます 

社会福祉基礎講座-サポートクラス-に関する情報)


さあ、これまでの社会人経験で養った知性をさらに鍛えて、ぜひ目的に向かって一緒に頑張っていきましょう。
以上、社会福祉士養成学科に関する情報をお届けいたしました。

こちらの「先輩」の声もどうぞご覧ください)
 
 

*******
国家資格の社会福祉士を養成するための通信課程が社会福祉士養成学科です
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。