ようこそEDOSENブログへ 

全国的に各種の催事が中止または延期になっていますが、
進学や就職を控えた学生の皆さんにとっても、悩ましい限りですね。
ただ、こうした状況下でも、「今、出来ること」に取り組んでいる方は大勢いらっしゃると思います。
それは、EDOSENの学生も同じです。
そこで今回は、スポーツトレーナー学科1年生(もうすぐ2年生の就職活動の一端をご紹介いたします。

こちらは学内での就職に関するセミナーの様子)


今月2日(月)、フィットネス・スポーツ業界合同リクルートフェア2021(於:東京 / TOC五反田メッセ)が開催されました。
今回参加した学科生たちは、「就職活動のための予備調査」的な意味合いも込めて足を運んだようです。
4月から晴れて2年生となることで、「就職」への意識は、具体的な行動に現われてきており、
たとえば、今回のような合同フェアへの参加や、筆記試験対策など、
各自がまさに「今、出来ること」を考えて行動に移しています。

当日の某ブース:撮影は参加した今村さん)
就職フェア2

こうしたフェアでは、
参加者の皆さんが希望する企業のブースを適宜訪れて、説明を聞いたり、また、質問をしたりしながら、
イメージをつかんでいくのですが、今回は時節柄、出展を取りやめる企業もあったようです。

9ab3f2a04275bdef015a57cfd3d51b79_s

さて、業界の主要企業が多数出展しており、
近年では欠かすことのできない(学生にとっては外すことのできない)位置づけにあるこの説明会。
参加してみて、いかがでしたか 

スポーツトレーナーを目指している僕にとって気になる企業が数社ほど出展していたので、とても参考になりました。同じ業界を目指す学生たちの姿を見て、刺激も受けました。本格化する就職活動に向けて気合が入りました(1年:今村 祐介さん
「各企業の方々の熱意が伝わってきて、就職するのが楽しみになりました。スポーツに携わる仕事に就くという目標を達成するために、自分なりに努力をしていきます(1年:河野 蓮さん

さすが、スポーツトレーナー学科生!
なかなか頼もしいコメントですね 
これからもその調子で、明るく、元気に、就職活動を楽しんでいきましょう~。

以上、学生の様子をお届けいたしました。

こちらは、EDOSENスポーツトレーナー学科だからこその取り組みです)



*****

・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。