4/11(土)・4/18(土)社会福祉士養成学科 個別説明会は、政府の緊急事態宣言を受け、中止とさせていただきます。
なお、願書受付期日の4/21(火)の変更はございません。

願書締切日

EDOSENブログへようこそ 

先ごろ、社会福祉士国家試験の合否が発表されましたが、
ブログをご覧の方のなかにも受験生はいらっしゃいましたでしょうか。
本校からも通信課程 社会福祉士養成学科の学科生や卒業生が多数受験いたしました。
社会人にとって受験勉強の時間をやりくりするのは大変だったと思いますが、
通信課程の先生や仲間と切磋琢磨した日々は、貴重な経験にもなったのではないでしょうか 



さて、資格試験をお考えの方にとって合格者の話は気になることの一つだと思います。
そこで今回は、3月27日掲載記事の後編をお届けいたします。
お話を伺ったのは前編と同じく「福祉分野に従事されている40歳代の男性」です。

3月27日の前編)


社会福祉士養成学科入学後の勉強スタイルを教えてください。
「レポート課題は、仕事が休みの土曜、日曜を中心に取り組んでいました。特に、集中力がある午前中の3~4時間は机に向かっていましたね。平日は帰宅後に1時間ほど費やす感じでした」

EDOSENで学んで良かったと思うことはありますか。
「はい。社会福祉基礎講座国家試験合格講座はとても役に立ちました。勉強するリズムがつかめましたし、自学自習だけでは行き届かない気づきがたくさんありました。先生方も熱心で、本当に支えてもらいました」

休憩時間に大活躍! 学生ラウンジの自動販売機)
DSC_0690

最後に、これから入学を考えている方へのメッセージをお願いします。
「まずはやってみようという気持ちを大切にしてほしいです。仕事や家事との両立や、年齢で悩んでいる人もいるかと思いますが、勉強の時間は工夫次第でうまくつくれますから!」

こちらの合格者の方をはじめ、多く聞かれる声はEDOSENならではの特別講座に関しての感想です。
学習の進め方を中心に学ぶ社会福祉基礎講座(無料)・ポイントを絞って学ぶ国家試験合格講座(有料)は、
本気で合格したい人をバックアップする強い味方です。

「社会福祉士」を検討中の方、
ぜひ、EDOSENのカリキュラムをうまく活用して、合格に近づいてください!

※ただいま第14期生(2020年5月~2021年10月)の入学願書を受け付け中です。
学科に関する詳しい情報はコチラをご覧ください。


*******
国家資格の社会福祉士を養成するための通信課程が社会福祉士養成学科です
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。