ようこそEDOSENブログへ 

学生の皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
新1年生にとっての「学生生活」って、まだ実感が湧かないかもしれませんね(特に今年は)
でも、1年経つと・・・。

*来年の今頃は、バリバリ働いている!
*障害者施設で働いている
*施設で楽しく働いていたい
*施設で働いているけど、へこんでみんなに相談してるかも~
・・・と、
とても頼もしい「声」を聞くことができるのです 

この「声」を寄せてくれたのは、心理・社会福祉学科の2年生の有志!
そこで今回は、EDOSENで学んだ1年間を思い起こしながら、感じたこと、思ったことなどを話してもらいました。

student voice表紙10

話を聞いた4名の女子学生は、
千葉県立四街道北高校 / 千葉県立船橋啓明高校 / 群馬県立高崎東高校 / 聖徳大学附属女子高校(千葉県松戸市)
と、出身高校も地元も全員異なるのですが、
1年経った今ではすっかり「仲間」として将来を語り合う関係になっています。

下記3枚はクリックすると拡大します)
心理社会①

心理社会②

4名全員、「あっという間の1年」だったとのことですが、
これからも、「さらに演習をがんばる」「友人とたくさん話をしたい」など、
まだまだEDOSENを楽しみたい気持ちにあふれていました。

特に駒木祭は思い出深い様子で、今年の開催を今から待ち焦がれていましたよ 

下記のリンクで駒木祭の様子をご覧いただけます)


*EDOSENはアットホームだから過ごしやすい。
*流山は駅周辺に飲食店も多くて楽しい。
*授業で分からない箇所は、何回も分かりやすく先生が教えてくれる。友達も!

と、賑やかに語ってくれた4名に、母校の受験生の皆さんへのメッセージももらいました 

心理社会③コピー

入学当初は、キャンパスが広くて迷いましたと話す学生もいましたが、今ではすっかりEDOSEN通(つう)です!

さあ、卒業まで、残り10か月!!
もっとあっという間ですよ~
これからもキャンパスライフを大いに楽しんでくださいね 

以上、《Student Voice》をお届けいたしました。

※オープンキャンパスなど各種学校行事日程は改めてホームページなどでお知らせいたします。

 *****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。