ようこそEDOSENブログへ 

7月と8月はEDOSENオープンキャンパスの集中月間ですが、
当ブログでは「オープンキャンパスって何をするの?」という方への参考情報として、
実施した内容を随時お届けしています。
今回は心理・社会福祉学科でのミニ講座の様子をご覧いただきましょう。


さて7月4日は、
あなたはおとな?こども?~心理テスト「エゴグラム」にトライ~のミニ講座を体験していただきました。

担当の福森先生)
0704①

心理テストにはいくつか種類がありますが、今回ご一緒に受けていただいたのはTEG IIというものです。
これは交流分析という理論に基づいて東京大学医学部心療内科TEG研究会が開発・作成した性格検査です。
集団や個人を問わずに検査できることもあって、医療・福祉や教育などの幅広い現場で用いられています。

ドキドキ(?)の「心理テスト」)
0704②

ミニ講座タイトルにも入っているエゴグラムのエゴとは自我です。
つまり、このテストは、自我を数値で表して客観的に自分自身を見つめる材料にもなるのです 

今回も午前・午後の2部制で開催しました)
0704④
0704⑤
質問は全部で53。「はい」「いいえ」「どちらでもない」で回答していきます)

担当の福森先生より。

自分を知る心理検査は参加者の皆さんから人気が高いのですが、今回はTEGⅡというものを体験してもらいました。本物の心理検査を体験するのは初めてという方がほとんどで、興味津々な様子が伝わってきて講師としても手応えを感じました。体験後の感想を聞くと、「すごく当たってる!」と喜んでもらえたのも嬉しかったです。またぜひ来てもらいたいですね。

心理テスト実施前には、「なぜ自分を知る必要があるのでしょう」という質問が投げかけられたのですが、
臆することなく各自の意見を発表してもらいました。
皆さん、学びに対する意識がとても高いですね!

入試や学科の内容への質問中)
0704③

『こんな勉強をするのか~と、興味が出ました』という感想をいただいたミニ体験講座!
当学科では、“こころ”に寄りそう相談支援のプロとして地域社会に貢献できる人材を育てるために、
「自分を知ることで他者との違いに気づき多様性への理解を深めていく」ことにも重点を置いています。

以降のオープンキャンパスでも皆さんの興味や関心に迫った内容を準備していますので、
ぜひお気軽にご参加くださいね。
お待ちしています 

以上、心理・社会福祉学科の話題をお届けいたしました。
  
 *****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。