EDOSENブログをご覧いただきありがとうございます 

今回は、心理・社会福祉学科で行ったZoomによる体験授業の様子をご紹介いたします。


参加されたのはKTCおおぞら高等学院で学ぶ1~3年生の皆さんです。
千葉・柏・湘南など、複数のキャンパスからのご参加はZoomならでは!
総勢およそ25名もの方が同時受講されました。

KTC表紙

まずは、KTCおおぞら高等学院 千葉キャンパスの椎名先生からスケジュールやEDOSENのご紹介をいただき、
その後、本授業担当の心理・社会福祉学科 福森先生の自己紹介へと続いていきました。

コチラは当学科1年生の声。ご参考に!)


この遠隔授業は、『EDOSENに興味を持つ生徒が実際に授業見学をすることはできますか』
という椎名先生からのお問い合わせがきっかけで開講いたしました。
本当に大勢の方に最後まで熱心に受講していただき、感激です。

Zoom授業

椎名先生によると、心理に関する学びに興味がある生徒さんが多いとのこと。
それを受けて本校でご用意した内容は心病む人とかかわるということです。

*心病む人について
*病気と障害の違いについて
など、資料を参照しながら解説していきます。
授業が進むにつれて生徒さんからも「公認心理師と臨床心理士の違いは?」「自分のメンタルを強くするには?」など、
より自分の興味ある内容への質問が増えていきました。

~担当した心理・社会福祉学科 福森先生の感想~

始める前は相互交流への不安もありましたが、生徒さんの反応の良さに支えられながら行うことができました。
遠隔授業中の福森先生)
KTC1
途中、鋭い!質問もあり、皆さんの意識の高さを感じましたね。
おかげで予定していなかった自己体験談も披露してしまいました 
EDOSENに少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。
このあとも質問などがあれば、メールで受け付けますよ!

今回、高校の先生からカウンセラーへの道に触れてみようとの呼びかけをしていただき実現したZoom授業ですが、
本校にとってもとても貴重な時間となりました。
ご関係の皆様に心から御礼申し上げます。

生徒の皆さん、オープンキャンパスでも心理・社会福祉学科の学びが体験できます。
ぜひ一度お越しください。お待ちしています 

 
 *****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。