ようこそEDOSENブログへ 

お盆休み週間、いかがお過ごしでしょうか?
さて、本日のオープンキャンパス体験授業レポートは、
心理・社会福祉学科地球脱出計画!~みんな違って、みんないい~をお届けいたします。


この「体験」には、
他者を理解するためには、まずは自分自身がどのような価値観をもっているのかを認識し、
さらに他者と価値観を共有することの重要さに気づいていただきたいとの思いが込められています。

0808②心理社会

ご参加の皆さんには、滅びゆく地球から宇宙船に乗って別の惑星に移住し、
新しい文明を築くことができる6名の人物を選んでいただきました。
その6名とは、哲学者、プロレスラー、科学者など、
あらかじめ用意されたリストの中にある職種も人格も異なる人たちです。

「悩む」「考える」!)

0808③心理社会
さらに「悩む」「考える」!!)

0808④心理社会

資源が枯渇し生命が危うくなった地球・・・。
この6名は、人類の新たな未来を築いていくという大変な重責を担っています。
そのメンバーを決めて宇宙船へと送り出す決定者は「あなた」です!

0808地球脱出

まずは個人で考えていただき、続いてグループに分かれて意見交換を行いました。
その際に「他者と自分の考えは違う」ことに向き合いながら、グループとしての考えをまとめていきます。

グループ発表を行っています)
0808⑤心理社会

そして、グループ発表の後にさらに話し合い、個々人の意見や感想を出し合っていきました。

心理・社会福祉学科では、
こうした「正解のない問い」に向き合っていく演習をオープンキャンパスの体験授業として展開しています。
なかなか骨太なのですよ 

上段:原田先生。下段:直江先生)
0808心理・社会福祉学科の先生

それでは、ご参加の皆さんからいただいた感想を少し覗いてみましょう~。
グループでの進行役を担当したのですが、「話し合う」ことの難しさを改めて感じました。コミュニケーション能力を向上していきたいと思いました。
自分だけでは見つけられなかった考え方も多かったです。それが楽しかったです。
「体験」をしたことでより心理や福祉への興味がわきました。質問もしやすかったですし、丁寧に受け答えをして下さるので、とても分かりやすかったです。

しっかり悩み、しっかり考え、しっかり聴いていただいた今回の体験授業!
ぜひ次回もご一緒に学びましょう。

0822用

以上、心理・社会福祉学科の話題をお送りいたしました。
 
 *****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。