EDOSENブログへようこそ 

今回お届けする記事は、
先日開催されたオープンキャンパススポーツトレーナー学科でのミニ体験についてです。
座学演習あり、マシン体験あり、施設見学ありの様子をご覧いただきましょう。


まずは、学科説明からスタートです。
ちなみに、ミニ講座の会場として使用しているのは学科(クラス)専用の教室です。
EDOSENの学生たちは、自分専用の机やロッカーが割り当てられているので何かと便利なのですよ。 
また、クラス担任制を採用しているので、先生方は各学生をしっかり見守ることができるのです 

担当の濱田先生による「スポトレ学科とは!」)
0912学科説明濱田先生
窓の下段にあるのが個人用ロッカーです)
0912スポトレ教室

続いて行われたのが、こちらの演習です。(下の画像)
さあ、何だかお分かりになりますか

0912ワークの様子②

参加者の生徒さんが手にしているのは、あるメッセージです。
つまり伝達したい内容ですね。
この紙に描かれているメッセージ=図形をペアを組んだ相手に伝えていきます。
そのとき使ってもよいのは「言葉だけ」です。
それが今回の演習です 

皆さん、頑張って伝えています・・・)
0912ワークの様子①
左:ある参加者の方の再現図)
0912作図

この演習では、どう表現すれば正確に伝わるのかを模索し、
「伝える」と「伝わる」の違いに気づいていただくことを目的の一つとしています。

0912ワークの様子

スポーツトレーナーの仕事で多数を占めるのは、不特定多数の方を対象としたワークであり、
トレーニングに詳しいプロ選手やスポーツ経験者以外の方との接遇が大半となります。
だからこそ、相手にとって分かりやすい言葉で的確に伝える技術が必須になってくるのです。

0912スポトレ

さて、座学演習の後はお待ちかねのマシンアリーナでのミニ体験です。
今回ご参加の生徒さんたちはいずれも運動部所属とのことですが、
『自分が今まで見たものよりも何倍もすごかった』そうですよ!
ありがとうございます。

0912マシンアリーナ①
上段は飯田先生によるベンチプレスのデモンストレーション)
0912マシンアリーナ
江戸川大学と共用の学食も見学していただきました)
0912学食見学

今回も時間いっぱい存分にスポーツトレーナー学科を紹介させていただきました。
オープンキャンパスは、来て、見て、触れて、初めてわかる!絶好の知る機会です。
ぜひ次回もお気軽にお越しくださいね。

オープンキャンパス0919用
  
 *****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。