ようこそEDOSENブログへ 

先週末に開催されたオープンキャンパスの体験授業レポート、
今回はスポーツトレーナー学科です。
スポーツの秋!気になる部分の鍛え方、教えますをテーマに展開したひとコマをご覧ください。


さて、スポーツトレーナー学科では、
座学でのミニ講義とあわせてマシンアリーナで実際に体を動かしながら、トレーニングを受ける側も体験していただきます。

在校生によるベンチプレスのデモンストレーション)
0919今村さんのデモ

そこで指南役として頼りになるのが学科生!
今回も2年生の今村さんから、気をつけるポイントなどを実演を交えてレクチャーしてもらいました。

参加者の方も30キロのバーベルに挑戦)
0919参加者30キロ
「思っていた以上に重さを感じて難しかった!」)

ベンチプレス
は、
これまでの体験授業でも多くの方に挑戦していただいているのですが・・・・。

こちらは以前の「卒業生による指導」)


上の記事にご登場の白井さん(卒業生)によると、
『指の位置や目線の置き方ひとつで持ち上げられる重量が変わってくるため、
一見シンプルですがベンチプレスは奥が深いのです』とのこと。

今回も、こうしたコツを意識しながら取り組んでいただきました

レッグエクステンション:脚を曲げ伸ばしする動作)
0919レッグマシーン
(「大腿四頭筋」を鍛えて基礎代謝を上げます)
0919参加者

ところで、「最近、体を動かしていないなあ」という方、
気分転換にこんなストレッチはいかがでしょう~。

実はこの日、担当の濱田先生が「ちょっと体が硬いかも」ということで、
2年生の今村さんのレクチャーで前屈がやりやすくなる方法に挑戦してみました。
皆さんも、ぜひやってみてくださいね!(厚みのあるシートなどを使います)

0919前屈②
①つま先を上げた状態でゆっくりと息を吐きながら10回前屈をします。
0919前屈③
②次にかかとを上げた状態でゆっくりと息を吐きながら10回前屈をします。

さあ、気になる結果は~。
こちらをご覧いただきましょう。

指先の位置にご注目を!!)
0919濱田先生前屈

いかがですか?
向かって左がこの方法を試す前で、右が試した後です!
初めはつま先に届いていなかったのですが、届いています!!
お分かりいただけるでしょうか。

この方法は、前屈をする際に腰を引いた動きが出来るようになるものです。
ちょっとした運動にもなりますので、おススメです 
(※決して柔軟性が上がるわけではありません)

オープンキャンパス1010用

スポーツトレーナー学科では、
*プロアスリートを支えるトレーナー
*地域社会で活躍するトレーナー
だけでなく、
*スポーツトレーニングの学びを経験しながら、自分らしい学生生活を送りたいという方も大歓迎です。


「ちょっと気になるかも~」という方、
ぜひ10月のオープンキャンパスにお越しくださいね。
お待ちしています。
  
 *****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。