ようこそEDOSENブログへ 

朝晩の冷え込みの影響でしょうか、
風邪気味の方をチラホラとお見かけするようになりました。
皆さんは、いかがお過ごしですか。

さて今回は、こども福祉学科の授業の様子をお届けいたします。
最後までお読みいただけると嬉しいです!


先週行われた1年生の科目保育実習指導Ⅰでは、
この冬の保育園実習が実り多いものになるようにと、教具を使った演習が行われました。

園児たちの前でやっているつもりになって~!)
こども福祉学科1年実習に向けて

上の画像で学科生たちが手にしているのは、ペープサートと呼ばれる教具です。
ご存知でしょうか?
これは、絵や飾りがついた2枚の紙を貼り合わせ、その間に割りばしなどを差し込んで使うものです。
「絵が動く~ 」と子どもたちが大喜びする教具の一つなのですよ。

参考記事)


この日は、間もなく実習デビューとなる1年生たちが、
各自で作成した様々なペープサートを用いて「おはなし」や「手遊び」に挑戦です 

想像力が膨らみますね)
0929IMG_E3457コピー

とは言え、まだまだ人前で話したり遊戯をしたりなどは恥ずかしい・・・。
そこで、頼もしいアドバイザーとして、現場で働く卒業生にお越しいただきました。

向かって左:五代さん。右:平澤先生)
0929平澤先生と五代さん

参加していただいたのは、卒業生の五代 律子さんです。
五代さんは、現在、千葉県野田市内の施設で保育士資格を持つ支援員として活躍中で、現場経験も早3年目!
すっかり中堅の仲間入りです。

 現場ではもう少し声を大きくしないと子ども達に届きません。マスクをしなくてはならない今の状況ではなおさらです。声量はとても大事ですよ。そして、笑顔は人に伝播します。さあ、「いつも笑顔で」いきましょう!!(談:五代さん)

五代さんからは、実習での心構えや気を付けてほしいこと、また、現場の1日の流れなどもお話しいただきました。
先輩、ありがとうございます 

edbc3366ed7644a6d4b7a728d0de044a_s

さあ、実習開始日は刻々と近づいています!
あとは練習あるのみですね。
体に気をつけて精一杯やり切ってください。

頑張って!)
0929IMG_3450コピー

以上、こども福祉学科の話題をお届けいたしました。

 
 *****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。