EDOSENブログへようこそ 

先週末10日(土)のオープンキャンパスにお越しいただいた皆さん、大変ありがとうございました。
あいにくの空模様でしたが、笑顔でご参加いただき心より感謝しております 


さて今回は、介護福祉学科での体験授業の様子をお届けいたします。
テーマは、最新テクノロジーを活用した「新しい介護」とは?
EDOSENが他校に先駆けていち早く導入した介護支援ロボット HAL®介護支援用(腰タイプ)の実演です。

向かって左の腰に着けているのがHALです)
1010体験⑦

この介護支援ロボットは、先月のオープンキャンパスでも説明&体験を行ったのですが、
その際にとても好評で「直接見ることができて良かった」「勉強になった」という声をたくさんいただきました。
やはり『百聞は一見に如かず』ですね!

HALの詳細はコチラの記事をご覧ください)


今回も一人でも多くの方に介護の今を知っていただけるように、
との思いからこのテーマを選びました。
皆さん、目を輝かせながら実演に見入っていましたよ

参加者による体験の様子)
1010介護支援ロボット体験
興味深そうに実演に見入ってる皆さん)
1010体験②
1010体験③

体験したお二人に感想を伺ったところ、
『最初は違和感があったし難しく感じたのですが、正しい姿勢に直してもらうと、できました!』
『介護のアルバイト経験があるのですが、ロボットを見たのは今回が初めてです。
重い物を運ぶのも簡単にできますね。どの現場でも使えるようになったらいいなと思います』
と、非常に満足した様子で語ってくれました。

1010①

介護の基本はですが、そこに最新テクノロジーが加わることで、より安全で確かな技術が実践できます。
こうした介護の今を知ることも、介護福祉士を目指す皆さんにとって大事なことですね。

日本語学校で学ぶ外国人留学生の皆さんもご参加)
1010留学生①
向かって右:富山県から来校の留学生の方。左は付き添いの弟さん)
1010留学生②

実際に、来て・見て・触れて、EDOSENを大いに感じていただけた一日となったオープンキャンパス 
今月24日(土)も開催を予定していますので、ぜひお気軽にお越しくださいね。
1010アンケートの声

以上、介護福祉学科体験授業の様子をお届けいたしました。

10月24日
 
*****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。