EDOSENブログにお越しいただきありがとうございます 

今年度は臨時追加のオープンキャンパス日程が加わったこともあり、
例年以上にじっくりと志望学科の先生と話をしていただくチャンスが増えています。
先日7日(土)のオープンキャンパスでも、
介護福祉学科に関心を寄せている留学生の方と非常に濃い時間を共有することができました。

当日の様子から)
1107IMG_3037

EDOSENの介護福祉学科は、日本人クラスと留学生クラスの2クラス体制ですが、
合同で学ぶ授業や学園祭行事など、交流の機会がふんだんにあります 

学科を超えた交流も!)


日本人学生も留学生も介護業界で活躍する!という同じ目的のもと日々努力を重ねており、
なかでも、お互いに異文化を理解しようとする姿勢は、
コミュニケーション能力を活性化させる源にもなっているようです。

野口先生による「介護」についてのミニ講義)
1107IMG_3039

さてこの日は、野口先生から「介護について」のミニ講義が行われ、
ご参加の留学生の方はとても熱心にメモを取りながら聴講されていました。
たとえば、
介護福祉士の仕事について
*学科のカリキュラムについて
*介護の魅力・やりがいについて

など、どれも初めて見聞きする内容だったようですが、
現実感を持って受け止めていただけた様子でした。

1107介護福祉学科体験授業

特に、
「まずは現場(施設)を見てください。頑張る意欲がある人には、施設見学の段取りをします」
との言葉からは、介護職育成にかける先生の非常に熱い思いを感じていたようでした。

「体験」後は学生ラウンジで談話)
IMG_3078

EDOSENは、「頑張りたい」という意欲にあふれる人への支援は惜しみません。

介護について知りたい・聞いてみたいという方は、ぜひ一度ご来校ください。
とことん話しましょう!

以上、介護福祉学科の話題をお届けいたしました。
1128オープンキャンパス
  
*****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。