EDOSENブログへようこそ 

今回は、こども福祉学科の話題をお届けいたします。
例年のこの時期は、保育園児を招待したクリスマス会を開催していますが、
今年は、演者も観客も当学科の学生たちだけで実施いたしました。
昨年の様子)


2日間にわたって行われたのは、2年生による劇の発表です。
これは、保育内容の理解と方法(遊びと文化)という科目で学んだ内容をアウトプットするものでもあり、
脚本・構成・演出・小道具など、すべてを自分たちで作りあげ完成させていきます。

観客は学科生のみでしたが盛り上がりました!)
劇授業③

演目は、1組が「シンデレラ」「ジャスミンの誕生日」、2組が「白雪先生と7人の園児」「20→40」です。
どれも園児たちが喜びそうな内容でしたよ 

劇授業④
劇授業⑤

~担当の鎌田先生より~
 園児を招待することは、残念ながらコロナの影響で中止となりました。
また、感染拡大の恐れから授業内での劇発表も危ぶまれたのですが、そこは学生たちの知恵と工夫で今年ならではの発表会にこぎつけることができました。

劇授業②

 特に、飛沫感染を防止するため事前に台詞と音を録音し、その音に合わせたクチパクでの演技など、「今、出来ること」を探し出し、不可能を可能にして発表した姿にとても感動しました。

劇授業①

 今回、学生たちは保育士として大切な人を思いやる心遣いや達成感を学んだと思います。
もちろん、私にとっても感慨深い発表会となりました。

来春には、巣立っていく2年生の皆さん!
逆境を乗り越えて頼もしい保育士となってください。
応援しています 

以上、こども福祉学科の話題をお届けいたしました。

*****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。