0216student voice表紙

ようこそEDOSENブログへ 

本日お届けする話題は≪Student Voice≫です。
登場してくれたのは、
保育士を目指すこども福祉学科1年の中村 有里さん(千葉県立薬園台高校出身)嶋田 未夢さん(千葉県立流山北高校出身)です。

左:中村さん、右:嶋田さん)
0216①

さて現在、各学科は実習期間を迎えています。
学科によって実習時期は異なっており、こども福祉学科1年生の場合は、この春季休業中の実習が「初めて」となります。


もちろん、実習に向けてしっかりと準備を重ねてきていますが、第1日目を経験するまではやはり不安も大きいようです。
そこで、実習直前となった今、「何を思い、何を感じているのか」を聞いてみました。

0216学生の声①

こうした等身大の具体的な「声」は、同じ道を歩む人にとって参考になりますね。
でも、不安ばかりではなく子どもたちと遊ぶことがすごく楽しみと話す二人は、
「ここを頑張りたい!」という目標も持っています 

0216学生の声②

当学科の1年次は「保育園」と「施設」で各12日間ずつの実習が行われます!(※予定は変更される場合があります)
今回の保育園実習では、中村さんは船橋市内、嶋田さんは野田市内の園でご指導をいただく予定です。

0216②
0216③

中村さん、嶋田さん、そして学科1年生の皆さん、
この1年間で身につけたことに自信を持って、存分に現場で学んできてくださいね。
Please don't forget to smile. 

以上、≪Student Voice≫をお届けいたしました。

※進路についてのご相談も随時お受けしています。

*****
・記事を気に入っていただけましたら「拍手」をクリックしていただけると非常に嬉しいです
・お寄せいただいたコメントは当方で確認後に表示されますが、非表示希望の場合はお書き添えください。
ご投稿者のメールアドレス記入欄は設けていません。